« July 2006 | Main | November 2006 »

Aug 29, 2006

房打ち上げ潜入記

房さんのライブでは、終了後の打ち上げ(大抵は会場のライブハウス)に、客も参加できるのが恒例になっております。

「お一人さま」だった私は、帰るつもりでいたのですが、終了時間が予想以上に早く、また呑み足らんのもあり、同じテーブルになった尾根遺産と「打ち上げ、、、どーする?行っちゃう!?」と意気投合して参加することに。


でも気づけば、客6人しか残っていませんよ(T_T)。


そりゃ、全部で30人ほどでしたからね、、、
「いかにもブルーズ好きですぅ!」ってオーラ出していたのは、幼子連れた家族連れくらいだったしねぇ。。。
いまどきの客は、ブルーズでもわりと品行方正な「ふつー」の方が多いみたいですよー。
ライブ中も、曲前後の拍手は大きいのに、曲のあいだは微動だにしない方がほとんどでしたし。
あの、ズンズンくるbeatはどこで受け止めているんでしょうか!?

知人もいない、さびしい居残りでしたが、打ち上げのテーブルで同席したのが先述の尾根遺産に加え、五朗さんファンの女性。おかげで、五朗さんは端からこちらのテーブルに来てくださり、4人で延々呑んだり喋ったり。
何の拍子か酔った勢いで、プロの敏腕ミュージシャンを前に、ビッグバンドでピアノ弾いているなどとほざいてしまった私ですが、おかげで(?)、このウィンターランドのハコの話や東京・調布の円形ステージのハコの話、はたまた大阪・北新地でのハコバン時代など貴重なお話しも聞かせて頂きました。

隣の房さんのテーブルには、バカボンさんやウインターランド大将の橋○さんが座り、時々「憲司の通夜のときに・・・」とか「青木が・・・」という房さんの声が聞こえてきます。
しかし、あちらの話をそれ以上聞くこともできず、、、大村憲司ファンであり青木智仁ファンの私としては気になる気になる(>_<)。


そして、それは、いつも突然やってきます。

房さんの「おつかれさまでしたぁーー」 →瞬間、打ち上げ終了!


折角ラムソーダを1杯飲み終わって、五朗さんの計らいで、房さん持込の金賞を取ったとかいう美味しい芋焼酎をご相伴にあずかり始めたところだったのに。。
時間にして23:00。

でも、久々のバカボンさんを前にそのまま帰るのは寂しかったのでハケた瞬間に「バカボンさんとお話しできなかった~(T_T)」と近づいたのでした(爆)。
終電が00:05発でしたから、「1時間限定で!」と言いつつ、房さん以外のメンバーと食事に行くことに。
そのときには、上述の尾根遺産もいたのですが、移動中に「遅くなるから・・・」とオトナに離脱。
私も酔いながらも、凄いシチュエーションには気づいていたので、オトナに帰る気がないではありませんでしたが、流れ上、このご一行のキッカケが私でしたし、現にバカボンさんとお話したいことがあったので、オトナにもなれず、、、すごーい面子に囲まれての2次会になったのでした。
ここでも、いちりゅーみゅーじしゃんを前に、ビッグバンドやってますーなんて話になってしまい・・・アアハズカシイ!
小山さんは「あこがれのビッグバンド」なんて言っていましたが、、、ジャズメンでもコンボしか縁のない人もいますしね。ブルーズ中心だとなおさらでしょうか。。
バカボンさんとも、酔っ払いながらも(酔った勢いだから?)高校時代のお話伺うことができました。


そして、お名残惜しいままに、終電駆け込み・・・


ライブだけでも十分楽しかったのに、予想外の違った方向で楽しんでしまった私でした。
こんなに呑んだのも、久しぶりだー。
(って、私の酒量なんて知れていますからねー。皆サン誤解しないよーにぃ!!)

・・・・・・これって、ぜんぶ書いて大丈夫な話だと思います。
もちろん、書けない話もたくさん知っていますけどね。
と、思わせぶりに記述するのも十分悪人だと思います>つん♪(自爆)。

| | TrackBack (0)

房之助ライブ潜入記

Dscn8146
2006.08.19@神戸ウィンターランド


うぐぅうぅぅ・・・10年ぶりくらいでしょうか。
房さん見るの。
CDはポンタさんとの共演などで、わりとコンスタントに聴いていましたが、ライブはめっちゃ久しぶり!

 近藤房之助(Vo)
 正木五朗(Dr)
 小山英樹(Org)
 河内博(Gt)
 バカボン鈴木(Bs)

これだけのメンバーが見られるのですから、さぞかし多くのお客さんが・・・と思ったら、結局30人ほど。
勿体ない!!!


念のため、つん♪による、房さんの一般向け解説。

 ---
日本を代表するブルーズシンガーにして、1990年には坪倉唯子・織田哲郎などとともにB.B.クイーンズのユニットで「おどるポンポコリン」を発売。大ヒットにより、日本レコード大賞受賞&紅白歌合戦に出演。
「ポンポコリン」は現在もちびまる子ちゃんのオープニングとして流れており、その歌声を聴くことができる。
 ---


ライブでは、おなじみの曲がほとんど。
ブルーズに限らず数々の名曲のカヴァー・オリジナル、、、と、房さんは相変わらずカッコよく聞かせてくれた。
バカボンさん以外のメンバーは長年の盟友だけあって、余裕ある聴いていて安心できる演奏を聴かせてくれた。
もちろんバカボンさんも、どっしりと揺るぎのないベース音を弾きだしていた。
・・・が、アンコールまで笑顔がなかったのは、まだ慣れていないからか?

気づけば一部構成で、ステージはどんどん進む。。。
さっさと終わらせて、早く呑みたいのか!?
(強ち間違いではなかったみたいだが・・・)

そして、メンバー紹介。
MCはあまり多くない房さんだが、バカボンさんには敬意を表してか、こんな紹介を。

「ご存知のかたも多いと思いますが、ベースの青木が急逝しましてー、この人に真っ先に電話しました。
これから新しいバンドを作りますが、この人を中心に作りまーす。」

形としては青木さんの穴を埋めることになったバカボンさん。あとで聞けば、房バンドでは、この日が本格的なデビューの日だったらしい。
そりゃあ、緊張もするわいな。。
外見的には、このメンバー紹介とアンコールのときにしか、表情の変化やノリノリの場面は見られず、あとはずっと動きらしい動きも表情もなく、、、気にはなっていた。
ただ、あとでご本人に聞いたら、自分の中では盛り上がっていないわけではないとのこと。見かけも大事かなぁ、、、とちょいとご本人を悩ませてしまった(^_^;。


・・・そういえば、わがビッグバンドも、身内からそんなチェックがいつも入っていたような(^_^;;,。


久しぶりのブルーズのノリに、入場時からアルコールが入ってほろ酔いノリノリの私は、2曲目くらいで(いや始まる前からか?)、来てほんまによかったぁ~と幸せな気分に浸れたのでした。
ちなみに2曲目は"When Will We Learn"。
房さんとの繋がりのなかでも、最も思い出深いアルバムに入っているオリジナル曲です。

そんなこんな、幸せな気分続行の一部構成で、19:00スタートのライブは、20:30過ぎには本編が、アンコールは1曲で21:00頃には終わってしまったのでした。
進行表には、ライブの定番曲にして↑のアルバムで涙ちょちょぎれるほど聴いた"Travelling"もあったらしいのだが、なぜかカットされたとか(五朗・談)。
ちと、残念。

かぶりつきで久々の房ライブを堪能した私は、これで十分楽しんだのだが、まだ21:00。
もう一杯、どこかでひっかけて帰れる勢いだなぁ、、、と思っていたので、結局居残ることに・・・

(続編につづく)



| | TrackBack (0)

Aug 27, 2006

第7回西谷ジャズフェスタ終了

_076b
今年で7回目になりました。
宝塚市北部の西谷地区で夏の終わりに開催される「西谷ジャズフェスタ」。
そしてワタクシ、7回とも出演させていただいております(^^)v。
出演バンドは途中で替わっているんですがね・・・・・・(謎)。

そして、一昨年からは、ゲストに関西ジャズ界では知らぬ人はいない古谷充氏(As.&Vo.)を迎え、共演をしています。
その、「西谷ジャズフェスタ」が昨日26th.AUg.におわりましたー。


たぶん、、、無事に終わりました。
こんなに消耗したのは久しぶりです。


ひとえに私の練習不足です・・・はい。


------- 終了 --------


_084b
・・・だと、話が続かないので、もう少し書きましょう。


毎年、古谷充氏との共演はハードルが高くなっていきます。
それもちゃんと飛べていないのに、年々高くなっています(-_-;。
そして、恒例のつん♪いぢめ(?)も健在でした(自爆)。
毎年褒め殺しされまくっているので、覚悟というより諦めています。
Gordon Goodwinの"Second Chances"を演ったのですが、リハの時に「あんたがおるからこの曲選んだんや」と言われてしまいましたがな(鬱)。
この曲、1メロでいきなり、ソプラノサックスとピアノだけになるんです・・・。
そんな言われたそばから、いきなり弾けない私(T_T)。


_122b
ところが、リハでもまともに弾けたことが無かったそのフレーズ。本番では完璧じゃあ~りませんか!
(その後の部分で、間違えたスケールがあったのは悔しいんですが)
弾きながら、あたしってエライじゃーん(^^)vと思ってしまいましたよ。

・・・はい、世間一般では本番でちゃんと弾けるのは当たり前なんですけどね(--;。


_100a
そして、アンコールの"Jump Start"でも・・・
イントロがブギウギスタイルのピアノソロから入るので、1メロに入る前に、それに続けて24小節アドリブが急遽決定!
って、これはほとんど譜面通りに弾いてしまいましたけどね(^_^;。
でも万が一私がブギウギをマスターできても、服部良一だいせんせーにはなれませんから、はい(苦笑)。

何を勘違いしているのか、どうやら古谷ご夫妻2人して、「つん♪はピアノがうまい」と思ってはるらしいです。。。

なんでやねん!!!

いくらなんでも、おっかしいでしょ~。
自分で聞いていて、聞くに堪えない音やのに。
コケるわ、コード間違えるわ、いくらアマチュアだって私なら怒りますよー。

というわけで、ポジティブシンキングで励まされているんだとエエように解釈しておきますが、また今年も古谷さんに、

(-_-;

な気分にさせて頂きましたよ。。。
来年は、私ももうちょっと上手くならにゃいけませんなー。
いや、それもとうの昔から判っていることですが。

_003b

| | TrackBack (0)

Aug 14, 2006

「JとB」ライブ潜入記

20060812_1827_000
JとBのライブに潜入してきました。

J :梶原順→渡辺貞夫・角松敏生などのバンドでも活動
B:浅野ブッチャー祥之→杏里・角松敏生などのバンドでも活動

そう、共通点はTKさん。
というわけで、未だ客の何割かが角系だったりするわけですが(^_^;。
このお2人によるギターDUOがJとB。
ドラムとベースを加えたJ&Bというユニットもやってはります。
いずれも、時々スケジュールが合えば、、、という頻度ですので、
頻繁にライブをやったり、CDを出したりという活動ではありません。

ワカモノ向け解説としては、昨今人気のあるギターDUOのDEPAPEPE
彼らが師と仰ぐのが、このJとBのお2人なんですねー。
神戸の老舗ライブハウス・チキンジョージでバイトをしながら、出演するJとBを見つつ猛練習!だったようです。

Dscn8118
そんな彼らの久々関西ライブが、休業中の神戸・チキンジョージに代わり、スタッフが経営するハンター坂のWYNTERLANDなるライブハウスでありました。

---
以上、一般向け解説終了!
以下、マニア?向け解説開始!!
---

SET LISTは、、、書けません(T_T)。タイトルがわからん!

1st setは、既発表曲を中心に。
2nd setは、11月末発売予定のアルバムに収録予定の曲を中心に。

というところ。

Dscn8103b
曰く、「20分演奏して20分喋る」というインターバルでしたが、
たぶん、そんなに喋ってません・・・て(笑)。
さだまさしややしきたかじんか、あんたは・・・!
って、演奏時間のほうが圧倒的に長いですから、そんなことありませんねー。
まぁあのお2人ですから、普段の会話の延長、というようなMCで楽しませてくださいました。
順氏は先週も貞夫さんのライブで、関西をウロウロしていたのですが(結局行けず(>_<))、08月01日から家出したままだとか。
ブッチャー氏はこの日、家から来たものの、今夏は杏里のツアーを回っていて出ずっぱり。
下の子どもに「おじちゃん、また遊びにきてね」と言われたそうです(--;。

そして、2ndのMCで大発表。
11月末にJとBの2人が・・・・・・・
旅行に行きます!?


アルバム=写真集=水着やヘアヌードもあり!?
(その前に、プールの話題をしていたんですねー)


いやいや、アルバム=CDを出します~~!

というわけで、新曲やカヴァー曲なんぞも演奏。
まだ曲をセレクトしている段階で、10曲入り(予定)がもうちょっと増える・・・かも?
そして恐らくカヴァー曲で、DEPAPEPEとギター4本でジャカジャカジャーン!とやるんだとか。
そりゃ、全曲は・・・五月蝿すぎます(-_-;。

そしてアンコールで、青木さんの話をし出したら夜が明けてしまう、、、ということで、思い出話はありませんでしたが、JとBで演れる曲はないか、と“RISA”がセレクトされました。
これもアルバムに収録予定だそうです。

2ndでは、かつて大村憲司氏が好んで弾いていた“Local Hero”も演奏され、かつて憲司さんのライブで聴きたおしていた私は、しんみり固まっていました。。。
「憲PONバンド」(大村憲司・村上PONTA秀一・青木智仁・小林信吾)で、毎度演奏していましたからね。4人しかいないのに、年寄りバンドでもなかったのに、このうちあっという間に2人も逝ってしまわれた・・・・・・・・・

聞くところ、JとBでも結構好んで演奏されているようです。


個人的には、B氏よりJ氏に入れ込んでいる、という贔屓目もあるかもしれませんが、J氏のほうが圧倒的に上手かった、、、というのが、久々に聴いた感想です。
もちろんお2人とも、めっちゃめちゃ技量はあるし、B氏もブルーズ弾かせたら天下一品なのは存じております。
しかし、J氏のタイトな音といい、ムチムチ感(音も肉体も・・・)といい、そしてジャズ的アプローチ満載のギターが、私は好きなんですねー。

そっか、上手い下手より、好き嫌いの問題か。

百戦錬磨のB氏のギターを下手とは表現できませんもんね。
でもやっぱり、あのふわふわワンコみたいな存在感といい、むちむち感といい、タイトでメリハリのある音といい、J氏はいいですなぁ~~(^_^)。

次回ライブは、10月29日の日曜日
しかし、私は♪練習の日だから、ちょっとムリかな・・・
「アルバム発売1ヵ月前ライブ」になるようです(笑)。

| | TrackBack (0)

Aug 08, 2006

北近畿の旅(1)

仕事も(たぶん)一段落して、世間でいうところの夏休み状態になったので、前日に思い立って北近畿日帰りの旅を敢行しました。

Dscn8082
大名旅行はできないので、旅のお伴はやっぱり青春18きっぷ。
それも、マニアでは稀少な通称「赤券」と呼ばれる常備券(機械で発券されたものではなく、予め印刷された切符)である(^^)v。

とか何とか言いながら、向かった先は・・・伊丹空港(笑)。

Dscn7830b
搭乗口から、当然(!)沖止めされているSAABにバスで向かいます。

隣の搭乗口は石垣直行便でした。
なにせ夏休みシーズン。
ただでさえ観光地行き。
当然、旅慣れない観光客をたくさん横目に見ました。
もう出発10分前には「最終のご案内」と尾根遺産もアナウンスで脅しをかけ、5分前にはお呼び出しモード。
なのに、最終客が現れたのは、出発時刻2分後・・・・・・(-_-;。
やっぱり(?)おばちゃんでした。。。
セキュリティで後ろに並んでいた家族連れからは、「クラブメッドだと・・・」なんて会話が聞こえてきましたから、やはり石垣に向かったのでしょうか?

空港でちょっと旅行気分になって、いざ搭乗。
但馬便の搭乗率は50%。
以前、月曜朝イチで搭乗したときは5人だけでしたし、折り返しの朝但馬発、夕方但馬行きは満席のようですから、まずまずでしょうか。

20060807_0914_000
定刻に離着陸したSAABを降機して、バスで豊岡駅に向かいます。

朝イチ(大阪駅発5時台)で豊岡へ向かっても、朝イチの特急で向かっても、10時前に到着はムリなので、伊丹08:30発のワープ、というのはなかなかgoodです。
どうやら、キャンペーンのおかげで、マイルも4倍ほど付くみたいだし。。。

空港から15分ほどで、豊岡駅前に到着。
でも、バス停はなぜか駅のロータリーではなく、向かいのショッピングビル横。
「臨時おりば」はロータリー内にあるのだが、、、「おとなの事情」があるんでしょうね。

Dscn7844b
そのロータリーには、さすが豊岡!!
コウノトリ支援自販機が。
収益はすべて寄付されるようです。


・・・でも、そこでドリンクを買っている人がいません(--;。


私も、まだ朝イチで手持ちの水がたっくさんあるしなぁ。。。

というわけで、写真だけ。

Dscn7847b
そして、やっと18きっぷにスタンプを入れてもらい、いざ出発!
キハ47-1133に乗り込みます。

・・・この車両、のちにあと2回乗ることになるのでした(笑)。

(つづく)

| | TrackBack (0)

« July 2006 | Main | November 2006 »