« MARLENE meets MASATO HONDA B.B.Station | Main | 熱帯JAZZ楽団ライブ @神戸国際会館 »

Jul 08, 2007

小林正弘 ONE NIGHT JAZZ ORCHESTRA (Basie Night) 

小林正弘 ONE NIGHT JAZZ ORCHESTRA (Basie Night) 
2007.06.30@新橋SOMEDAY

20070630225153


小林正弘(tp)
佐久間勲(tp)
木幡光邦(tp)
菊池成浩(tp)
小林 太(tp)
五十嵐誠(tb)
榎本裕介(tb)
川原聖仁(tb)
堂本雅樹(btb)
大山日出男(as)
土井徳浩(as)
広津誠(ts)
竹上良成(as)
丹羽康雄(bs)
鈴木よしひさ(gt)
近藤和明(pf)
工藤精(ba)
稲垣貴庸(ds)


行ってヨカッタぁ~~。
期待しただけのコトはありました。

長らく正弘氏のことは拝見していませんでしたから、それだけでも楽しみだったのですが、なにせ“Basie Night”の一言(いちごん)だけで、ワタシはワクワク。
加えて小林ブラザースの共演も久々。竹上さんもめちゃめちゃ久しぶり。偶然にも佐久間さんは本田B.B.に引き続きの見参と相成りました(^^)。

曰く、巷のアマチュアビッグバンドで演奏されている譜面と同じものだそうで、プロが演奏するとどう違うのかを聴いて欲しいというようなことでした。
「行間」を読まねばならない、ということらしい。

BIGBANDでも、ピアノのスコアなんぞは端からコードのみというものも多く、たまに和音やソロフレーズの記載はあるものの、誰かが耳コピーで書き込んだBasieのフレーズが時々書き加えてある・・・という程度です。しかし、管楽器はアンサンブルあってのもの。「書いてある通りに吹く」だけのはずなのに、どうしてこうも違うものか(驚)!
いまどき日本のトッププロの演奏でBasieの演奏を聴けること自体がレアですが、bigbanderの末席を汚している者としては刺激されまくり。
演奏したことのある「アノ曲」やら「アノ曲」やらが、眼前で繰り広げられているのですから、興奮しっぱなしなのでありました。
学習能力の高くないワタクシとしては、これがすぐに自分の演奏に生かされる確率は高くありませんが(自爆)、Basieの音源と自分の狭い世界だけで展開されていたイメージが広がったことは間違いありません。毎日でも聴きたいくらいです。

今回はラッキーなことに「アノ曲」のひとつ、大山日出男節の”LONELY STREET”を聴くことができました。
正弘氏曰く、ワカモノには吹けない、この歳だから吹けるといったようなコメントがありましたが、まさにそう。年季を重ねた色気がないとイヤラシイ重みが出ません。うんうん。
そんな話を我がBIGBANDに帰ってバンマスと話していたら、ウチのアルトの親分が演りたいと言っているというではありませんか。
よっしゃあ~~。
ウチの親分なら、日出男節に匹敵するだけの色気で吹いてくれますから、ワタシも俄然張り切りますよぉ!書き譜のスコア、改造しなくちゃ!!

ちなみに、今回はtpの数、多いです。
といっても、正弘氏はほとんどconductorだけだったのです。
脇に構えて、MCと時々アドリブソロとほんのちょびっとアンサンブル。
昔は「ハスキー顔」と我々は持て囃しておりました(本当にシベリアンハスキーに似ていた!)が、歳を重ねて、すっかり名実ともに仕切りのオヤジになっていました(笑)。
コワモテってやつですね。


今回は2月につづいて2度目の企画だったようですが、また次回もやりたいということでしたので、とくにbigbanderの皆さん、チャンスがあったら是非是非ご覧くださいねっ(^_-☆。

|

« MARLENE meets MASATO HONDA B.B.Station | Main | 熱帯JAZZ楽団ライブ @神戸国際会館 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 小林正弘 ONE NIGHT JAZZ ORCHESTRA (Basie Night) :

« MARLENE meets MASATO HONDA B.B.Station | Main | 熱帯JAZZ楽団ライブ @神戸国際会館 »