Dec 31, 2005

紅白見ています・・・

2005年末は、まったくもって平常営業の私。
時々外に仕事に行き。自宅で原稿を書き。
至って健康に日常生活を粛々と送っています。

だから、年賀状も例年になく(いえ、毎年です(^_^;)準備が遅れています。。。

それでも、とりあえずTVをつけてしまう私は、とりあえず紅白歌合戦を鑑賞。
とくに見たい歌手は・・・いません。
だから、ふつーの人みたいな娯楽としては見ません。
(格闘技はもっと見ないけどね)

じゃあ、何を見るのか?

番組構成・ステージング以外に、見るところないですやん・・・

歌番組の中でも、公開生かつ多ジャンルかつ長時間にわたる番組という日本で最も過酷な放送だから、どうやってステージを魅せるのか、興味津々。
それが衣装だったり、舞台全体を使ったセットやダンスだったり、カメラワークだったり、ありとあらゆる手法がとられるのだから、作るほうはそりゃ大変でしょう。
でも、それが日本でもっとも優れた公開生放送とは思っていません。きっとブロードウェイなんて行ったら、もっともっと凄いもんがありそうですやん。

まぁ、色々あったNHKですから番組の作り方もこれまでとは随分違いますな。
番組全体トータルで、一つの歌を中心とした娯楽番組、と見るなら良い出来だと思います。
でも、特定の歌手だけが楽しみで見る人には、面白くない構成でしょうね。
この時代、万人受けする番組なんてほぼ不可能なわけで、これを楽しもうを思う視聴者の姿勢も問われますね。


紅白って、いちおう音楽番組ですが、私は音楽自体をこの番組に求めていません。
というのは、全てカラオケだから。
中には「アーティスト」を標榜する歌手が、自らのバンドを引き連れて歌っているけれど、ぜーんぶ「フリ」だけですから、ね。あくまでも「格好つけ」だけですよ~~!!
音チェックやチェンジの時間がないから、どんなバンドさんでもカラオケらしいです。
それでも、お気に入りのミュージシャンがTVに写るかもしれないから、とつい画面を見てしまう私でした(^_^;;;。

その昔、ジュリーのバックで、憲司さんポンタさんが紅白に出ていたけれど、笑わせてもらいました。
ギターはアンプないし、ポンタさんなんて左右逆にドラムセット組んでいるし(爆)。
その昔、クリスマス後の時期にチキンでKOBE SESSIONというイベントを毎年やっていたから、そんな裏話も聞けました。
しかーし、未だかつて紅白でポンタさんみたいな遊びをしている人は見たことない・・・


ちなみに、ちなみに。
今ごろ、目黒では本田雅人氏の年越しライブをやっていますが、先日の角@鶏の際に実は青木さんったら、ネタばらしてました。
あ~、見たかったなぁ、メンバー持ち回りカラオケ大会に持ち場チェンジ大会(笑)。

各地で年越しライブをやっているみたいですが、私は明日に備えてさっさと寝ますよ。
そのうち、お呼ばれするくらいの腕がついたら出かけるかもしれないけどね。そんな予定も当分ありませんです。

大晦日のライブ・・・といえば、色々な思い出がありますが、それはまたそのうち(あるのかな?)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)